ウッドデッキの活用術

友人や同僚のお家に遊びに行ったとき、ウッドデッキのある風景を見て羨ましくなったことはありませんか?
木のぬくもりが目に優しく、実際に歩いて見ても肌に馴染む感覚は
そこでずっと過ごしたくなるような気持ちにさせてくれます。
しかし、実際にウッドデッキを持ちたいと考えたとしても具体的に何に使うのかを
プランニングしなければただの木の板と化してしまいます。
今回は、ウッドデッキをどのように活用していくのかについて詳しく見ていきましょう。

ウッドデッキの魅力は何よりも屋内から屋外への移動がスムーズという点に尽きます。
日本では家の中で靴を脱ぐのが常識ですから、
お庭で何か作業をしている最中にお家の中へ道具を取りに戻り、
それを手に再び庭へ出るというという工程だけでも靴を脱いで履くという行為が伴います。
これを幾度も繰り返せば煩雑に感じますし、ましてやお庭でレジャーを楽しんでいる最中なら
なるべくこういった手間を省きたいと考えるのが人間というものです。

ウッドデッキはリビングをはじめとした室内に続いた板の間のスペースのことをいいます。
お家の床と同じ高さに板を敷き、それを敷石と呼ばれる石材で支えるというのが基本的な作り方です。
非常にシンプルな作りでありながらも、人間が乗っても壊れることの無い耐久性が魅力となっています。
天気の良い日に小さなお子さんと遊ぶというのもウッドデッキの活用方法としてよく見られます。
ウッドデッキは裸足や靴下で足を踏み入れることが可能なスペースですから、
いちいちお子さんに靴を履かせなくて良いというのは嬉しいですよね。

さらに、木の温もりが温かく、カーペットなどを敷けばお子さんが転んだときも安心です。
何より屋外ですから、日光と気持ちの良い風の中でお子さんを遊ばせられます。
外であるにも拘わらず、ウッドデッキは木材で構成された足場ですから、
泥や土でお子さんの衣服が汚れる可能性も限りなく低いといえるのです。
家族の団欒の場として、バーベキューを楽しむのもウッドデッキの活用術です。

ウッドデッキの一部にバーベキュー用のコンロを置く専用スペース巣を作れば、
ウッドデッキに火が燃え移る心配を軽減出来ます。
何より、お肉を焼いたときの煙が屋内に入りませんし、
もしも家の中に道具を取りに戻りたいときでも、靴を履き替えずに済ませることが出来るのです。
この他にも、屋根や壁を備え付けたウッドデッキでは、一人用の趣味のスペースとしてご活用いただけます。
日曜大工をするスペースや、趣味の書物を収納する場所としても利用することが可能なのです。
ウッドデッキの特性を活かし、日常を豊かにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です