ウッドデッキに用いる木材

自分だけの空間を手作り出来るという点に惹かれてウッドデッキ作りを
始めようと考えている人も少なくありません。
何かを作るという作業は精神の集中を招き、一種のリラックス状態に陥ります。
仕事や人間関係のストレスを忘れて、何かに没頭する時間としても
ウッドデッキの製作は支持されているのです。
今回は、そんなウッドデッキを作成する際に用いられる木材について詳しく見ていきましょう。

ウッドデッキで利用される木材には大きく樹脂木と天然木の2つに分かれています。
樹脂木とは、プラスチックと木を組み合わせて作られた、人工的な木材のことです。
通常の木材と大きく異なるのは、シロアリをはじめとした虫による被害を受けにくいという点です。
プラスチックによって木材の弱点がある程度カバーされているので、
ウッドデッキ製作をするのが初めてという人にも使いやすいことでしょう。
具体的には、湿気に対して非常に強く、腐食する可能性が低いという特徴を持っています。
あらかじめ表面が加工されているので、ささくれや木目に皮膚を引っかけてしまうという心配もありません。
木材と比較しても柔らかい材質なので、加工が簡単という点も見逃せません。

また、表面に傷が付いてしまったときは、紙やすりで磨けばすぐに表面を整えることが出来ます。
ただし、天然の木材と比較すると注意した方が良い点も存在します。
一つは、樹脂木は熱が籠りやすいことです。
プラスチックの製品を真夏の屋外に放置しておくと、とても熱くなりますよね。
それと同様に、樹脂木も日差しや気温によっては高い熱を持つこともあります。

注意していただきたいもう一つの点は、濡れたときの滑りやすさです。
天然の木材も濡れたときには滑りますが、樹脂木の方が滑りやすい傾向にあるので気を付けましょう。
ウッドデッキ製作でよく用いられる天然木の木材はソフトウッドとハードウッドの2種類が存在します。
前者の特徴は、木の温もりを感じやすいという点です。
お子さんに木材の感触を味わってもらいたいときなどは、ソフトウッドの方が温かみを感じます。
比較的低価格で加工もしやすいので、日曜大工などではこちらの木材が用いられることも多いようです。

ただし、水分には弱いので塗料などできちんと加工してあげないと腐食する恐れがあります。
防腐剤の塗布は必須ですし、こまめなメンテナンスも求められます。
それを含めてのウッドデッキだと考えられる人にとっては、愛着が湧きやすい木材です。
ハードウッドはソフトウッドを凌駕する耐久性が魅力といえます。
腐りにくくて水分にも強いので、メンテナンスの必要性はあまりないといえます。
ただし、加工するのが非常に難しく、道具や専門的な知識を持っている人が近くにいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です