ウッドデッキとは

自宅に庭をお持ちの方の中には娯楽のためのスペースを作りたいと考えている人もいると思います。
雑草が伸び放題で、全く手入れをせずに放置していては、
お庭のスペースが勿体なく感じられることもありますよね。
そんな方にぜひおすすめしたいのがウッドデッキです。
今回は、ウッドデッキとは何かについて詳しくご紹介します。

ウッドデッキとはその名の通り、木で作られたデッキのことをいいます。
船における甲板を意味するデッキという言葉ですが、
これを庭に作ることで娯楽性を高める効果があるのです。
イメージとしては、日本家屋の縁側をさらに大きくしたものと考えてみてください。
室内から裸足やスリッパのまま、外に出ることが可能なスペースなのです。
日当たりの良い方角に庭が設置されているのであれば、
日光浴をはじめとしたアクティブな活動に用いられることが多いといえます。
ウッドデッキと似たスペースとしてはテラスというものがあります。
こちらは、木ではなく土やタイルを用いて作られることが多いのです。

両者における最も大きな違いは、自分で作ることが簡単かどうかです。
ウッドデッキは木材を並べて固定し、それを石の上に置くという作成方法になります。
木材は下降が簡単ですし、釘やネジといった道具で簡単に固定することが出来ます。
一方のテラスは、土を持ってその上に砂利を敷き、さらにタイルを置くという手間を必要とします。
建築に関する専門的知識がある方ならいざ知らず、
日曜大工程度の経験しかない人にとってテラスを作るのは困難かもしれません。

しかし、ウッドデッキはホームセンターなどで購入可能な道具だけで作ることが出来ますから、
自宅に庭を持つ多くの方々から支持されているのです。
使われている材質もウッドデッキとテラスの違いを明確にします。
ウッドデッキは木材を利用するので、靴下や裸足のままで出るのが一般的です。
木材の温もりが足に優しいので、お子さんが遊ぶスペースとして利用するのも良いでしょう。
テラスはタイル敷きであることが多いので、屋外用のスリッパや
靴を履いてスペースを活用することになります。

もちろん、テラスにはテラスの良さもありますが、
気軽にお庭を改装したいと思ったときはウッドデッキが非常にお手軽といえるのです。
ウッドデッキは自分で作るだけでなく業者に依頼して施工してもらうという方法もあります。
毎日のお仕事が大変で、自分で作るのが難しいという人はこちらを利用するのも一つの手段です。
お庭での活動をもっと充実させたいという人は、ウッドデッキで過ごす日常を思い描いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です